引越しにかかる費用を知ろう!平均相場と徹底節約術!

ダンボール

一人暮らしの引越し費用

一人暮らしを始めるときには引越し費用が大きくかかってきます。引越し費用の内訳と費用相場について紹介していきます。特に高額になる初期費用についてはきちんと準備しておきましょう。

詳しく見る

電卓とトラックの模型

絶対必要?心付けについて

心付けは絶対必要なものではありません。あくまでも、感謝の気持ちとしてお渡しするものですので、費用としているものではないのです。しかし、感謝の気持ちをお渡ししたいというのなら引越しが始まる前に渡しましょう。

詳しく見る

男女

二人暮らしの引越し

二人暮らしで引越しをする時の費用相場は15km圏内なら約5万円ですが、3~4月になるとぐっと上がります。費用を節約したいなら、見積もりを沢山の業者に依頼しましょう。

詳しく見る

作業員

オプションで楽々引越し

楽に引越しをしたいなら、オプションサービスを利用しましょう。急な引越しの場合もとても便利です。費用は荷物量や大きさによって様々ですが、キャンペーン等を利用することで安くできます。

詳しく見る

女性作業員

引越し費用の最強節約術

引越し費用を節約するには引越し業者の選び方が重要です。値下げが可能な業界なので、うまく使って節約をしていきましょう。また、引越し時期を選ぶことでお得に引越しできます。

詳しく見る

引越し費用の基本

男性作業員

引越しの際に気になるお金のこと、一体いくら位かかるのだろう。と不安に思っていませんか?引越しにかかる費用の内訳は引越し業者に払う引越し代、新居の初期費用、原状回復費用、交通費、日用品や家具の購入費用です。これらの相場を合計した物が引越しの総費用の相場ということになります。ここでは主に引越し代について調べていきます。まず、引越し代は時期により大きく異なるのが特徴です。ピークである3~4月に引越しをしようとすると、大きく値段が変わってきます。10万円単位で価格が変わる部分でもあるので、もし3~4月以外で引越しが可能なら、少しピークをずらすだけでも大きく値段が変わりますよ。3~4月に引越しをしようと思うと、時期によっては日にちが選べなかったり、1日の中でも時間の指定が出来なかったりということがあります。費用以外にも予約が難しい場合もあるので、もしどうしてもこの時期に引越しをしたいというのであれば、かなり早めに動き出すことを考えましょう。午前便か午後便かでも、値段が違う場合があります。また、大きく値段が変わる要素として、荷物の量があります。荷物の量が多いとその分大きな車や人手が必要になるので、費用は自ずと高くなります。荷物の量が多い人は荷物をなるべく減らしたり、大きな家具は引越してから買うようにするといいですよ。大きく価格が変わる要素としてもう一つが、移動距離です。移動距離が近いほど安く済みますし、遠ければ高額になります。これは節約が難しい部分ではあるとは思います。他の部分で節約を頑張るようにしましょう。

Copyright© 2019 引越しにかかる費用を知ろう!平均相場と徹底節約術! All Rights Reserved.